美肌美人はベースメイクが作り出す

美肌美人

スキンケア

肌が綺麗な人の共通点!50過ぎで美肌美人の秘訣

投稿日:

どんな肌の女性を見たら綺麗だと思いますか?それはきっと毛穴が目立たないきめの細かな肌質の女性でしょう。

ではどうしたら毛穴が引き締まった綺麗な美肌でいられるのでしょうか?

それは洗顔がどれだけ丁寧にできているかと、美肌美人を維持していくスキンケアをしていると言うことでしょう。

肌が綺麗な人の共通点

20代までは洗顔を丁寧にしていれば毛穴の汚れが落ちて毛穴も引き締まっていました。

肌が綺麗だと思わせる女性の共通点は毛穴が目立つか目立たないかの違いなんです。

女性のほとんどの人が毛穴を隠すためにファンデーションを塗っていると思います。

20代の頃は洗顔さえきちんとしていれば美肌美人でいられたのに、加齢と共にごまかしが効かなくなってくる。

それは毛穴が20代の頃は皮脂汚れなど毛穴に詰まった汚れが原因で毛穴が広がっていました。

ポイント

毛穴の汚れを取り除けば自然と毛穴も引き締まってきた。

個人差はあれど加齢と共に毛穴の広がりは皮脂汚れなど汚れををとせば毛穴が自然と引き締まると思ったら大間違い。

何故加齢と共に毛穴が引き締まらなくなってくるのか検証していきましょう。

30過ぎると広がったままの毛穴

20代の頃の若い肌は毛穴に詰まった汚れを取り除けば自然と毛穴も引き締まっていました。

しかし加齢により肌のハリが失われ重力に勝てない肌へ変わっていくんです。

何故肌にたるみが生じるのか?

それは加齢によって失われていくⅢ型コラーゲンのせいなんです。Ⅲ型コラーゲンが減少することで若いころのプルンプルン肌が失われていくことがわかったのです。

コラーゲンにはⅠ~V型までに分類

コラーゲンには主にⅠ型~V型に分類されます。

  1. Ⅰ型コラーゲン
    骨や皮膚などに含まれるコラーゲンで1番多いコラーゲン
  2. Ⅱ型コラーゲン
    関節や軟骨成分として有名なコラーゲン
  3. Ⅲ型コラーゲン
    臓器に含まれるコラーゲンで赤ちゃんに多く含まれるコラーゲンでやがてⅠ型コラーゲンに変わります。
  4. Ⅳ型コラーゲン
    皮膚の表皮と真皮をつなぎとめるコラーゲンで皮膚に多い
  5. V型コラーゲン
    血液や胎盤に含まれるコラーゲン

その5種類のコラーゲンで美肌美人に関係するのがⅢ型コラーゲンで赤ちゃんに大量にあるコラーゲンなんです。

30歳を過ぎると急加速で減少するⅢ型コラーゲンですが、卵殻膜に含まれていることがわかりました。

卵殻膜に含まれるⅢ型コラーゲン

アルマード・東京大学・東京農工大学の研究チームとビューティーオープナー共同研究によって生まれました。

卵の殻と白身の間にある薄皮のことを卵殻膜と言い、それがⅢ型コラーゲンに深く関わっていることがわかりました。

50過ぎで美肌美人の秘訣

50歳過ぎてもファンデーションは薄塗りで十分な美肌美人を維持するのは卵殻膜エキスを使うことです。

容器のふたがスポイトになっているので洗顔後に2滴ほど手に取り顔につけるだけの簡単作業なんです。

見事に顔全体に伸びてくれます。

毛穴を小さくすることで美肌美人になる

毛穴はⅢ型コラーゲンの減少でたるみを生じて毛穴が広がって見えるのです。

毛穴が広がって見えることで老けて見えるようになるんです。

毛穴さえ目立たないようにしていれば、いつまでも若いままでマイナス10歳の肌質でいられ、すっぴんでも変わらない肌質になるんです。

それがビューティーオープナーの実力

 

-スキンケア

Copyright© 美肌美人 , 2019 All Rights Reserved.