女性用保健薬

飲む日焼け止めって本当に効果あるの?

飲む日焼け止めって日常の生活で日焼けしないためのもので、海水浴や外仕事などでガッツリ目に日焼けするときの日焼け止め効果としてはそれほどの期待は持てない。

ただ普通に生活してても日焼けするって人は絶対に飲む日焼け止めの効果が見られると思います。日焼け止めって言われているので日焼け止めクリームの代わりになると思っている人は間違いです。

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めを日焼け止めクリームの代わりになると考えてる人は間違っているので危険!

必ず今日は日焼けするって分かっているときは日焼け止めクリームを塗ることを忘れないようにして欲しい。どうせ日焼け止めクリームを塗るなら飲む日焼け止めって要らないじゃんって思ってる人も危険なんです。

何故飲む日焼け止めって必要?

日焼け止めクリームを塗ることで体全体の日焼けをカバーするのは無理なんです。塗りムラなど必ずあるんです。細かな指の先や手の届かないところなど塗ることが難しい場所もあり身体全体を日焼けから守るのは無理なので飲む日焼け止めでカバーするのです。

ポイント

  • 日焼け止めクリームは汗で流れ落ちる
  • 何気なくかいてクリームが落ちる

サンダルの日焼け跡って残ったことないですか? 日焼け止めクリームの塗り忘れや擦れてクリームが落ちるなど色々と考えられます。そんな時でも飲む日焼け止めってカバーしてくれるんです。

そんなふとした瞬間が飲む日焼け止めの効果を実感するときです。

日焼けのメカニズム

日焼けは紫外線を浴びることで活性酸素ができて肌を攻撃し始めます。その活性酸素から肌を守ろうとしてメラニン色素が分泌されて肌の色が黒くなるんです。

世界の人を見れば一目瞭然で北欧や北米の人は肌の色が白いです。肌の色だけじゃなく髪の色や目の色も違い、髪の毛の色はブロンドヘアーや金髪で、目の色もグリーンやブルーです。

人種はもう遺伝子レベルまで行ってるので生まれたときからそうなってます。

日焼け止めクリームのメカニズム

日焼け止めクリームはクリームがバリアの役目をして紫外線を跳ね返してくて肌に紫外線を当てずに肌を守ってくれます。紫外線が当たらないので日焼けはしません。

確実に日焼け防止は難しいですが、日焼け止めクリームは最強です。

欠点が多くて汗で流れたり、擦れて落ちたり塗りムラができたり塗ることを忘れたりします。その欠点さえなければ最強でしょう。

飲む日焼け止めのメカニズム

飲む日焼け止めはクリームとは違い最初から日焼けしたことをなかったことにするものです。

  1. 紫外線を浴びると肌を攻撃する活性酸素が生まれる
  2. 活性酸素と戦うためメラニン色素が分泌される
  3. 活性酸素が生まれないように抗酸化成分を摂取
  4. 抗酸化成分で活性酸素が生まれないようにする

紫外線を浴びても抗酸化成分を飲む日焼け止めで摂取することで活性酸素が出来ない。

このように元々紫外線を浴びてない状態にしてくれるのが飲む日焼け止めです。

紫外線の攻撃から守る為に飲むのでそれほど強いものは使われていません。クリームを塗って肌荒れをおこす人は飲む日焼け止めでカバーできます。飲むので体の中に入るので副作用が心配ですが、風邪薬だって眠気を感じる人感じない人もいるのでさほど心配されるようなことはありません。まして薬じゃなくてサプリメントなので副作用はほとんどないと思います。お酒が飲めない人がいるようにどんなものでも合わない人はいます。

5年後10年後の肌を今作る

何年先の話をされても実感はないと思いますが、年齢を重ねると後悔しか生まれません。昔は今ほど発達していなく日焼けをするのが当たり前の時代もあり、日焼けサロンがあったりと自分で進んで日焼けをする人が多かった時代もあります。

その時のつけが10年後に分かるんです。今から予防されるのが最善です。

飲む日焼け止めは多くのアミノ酸を含んでいるので肌を作るには最適でしょう。

 

-女性用保健薬

Copyright© 美肌美人 , 2020 All Rights Reserved.