女性用保健薬

肌荒れ・目まい・倦怠感・疲れやすいなどの症状は鬱より貧血

肌荒れが凄い・最近疲れやすい・何もする気がしない、やる気が出ない・時には目まいもするなど鬱を疑う場合も多い。心療内科など精神科に行ったら鬱と診断されることも多い。

こんな時に疑うのが鉄不足による貧血です。女性は月に1度生理があり血の中に多く含まれている鉄分が男性よりも多く排出されてしまう。鬱も貧血も同じような症状なので鬱と診断される場合が多い。

鬱を疑う前に鉄不足を疑う

いくら肌荒れを改善するために良い化粧品を使っても根本的な鉄不足を解消しないと意味がない。外側を一生懸命修理しても内側がダメなら長持ちはしないで家も腐っていく。

特に女性の場合は貧血になりやすい。人間男女ともに1mg体内から出て行って食べ物によって吸収されると言われています。ビタミンCと一緒に摂取しないと吸収率が悪いとされているのは植物に多く含まれる鉄分で鉄分を手っ取り早く吸収するには肉なんです。

ダイエットしてたり体に良いなどの情報により野菜を中心に食べてる女性は鉄分が足りない症状が出て肌荒れや疲れやすく倦怠感も出やすいのでうつ病と疑う人も多い。

まずは鉄不足を疑う

野菜で摂取できる鉄分は吸収できる量が限りなく少なく、肉を食べない女性、特に動物の肉でもレバーに多く鉄分が含まれていて吸収率がものすごく良いのも動物性に肉で特にレバーである。

あまりにひどい人はまず血液検査をお勧めするが、勝手に鬱だと決めつける前に鉄不足の可能性の方が高いことを頭に入れて欲しい。

肉・特にレバーが嫌いな女性

肉やレバーが嫌いな人は多い、特にレバーが無理って人は男女問わず多くいます。そんな人は病院で処方してもらう薬よりもサプリメントの方が体に良いの知ってますか?

薬は便秘など多くの副作用を持って続けられない人が多いですが、サプリメントは薬じゃないので副作用がなく何にも変な感じがしないので続けることができます。

吸収率も良く続けていれば目まいや肌荒れ倦怠感などなくなるはずです。3か月続けてもダメだったら病院で血液検査をしてもらいましょう。精神科に行くのは最終手段です。

肌荒れ・倦怠感がある

女性の8割~9割が鉄不足と言われています。ダイエットをしている人もそれなりに多いです。だから鉄分の吸収率が悪い野菜を多く摂取してしまいます。ほうれん草や牛乳など体に良くても吸収率が悪すぎます。

やっぱりお肉が良いのですが、ダイエットもしている人には不向きの食物です。

そんな人にはやはりサプリメントが良いでしょう。でもサプリメントだけに頼っていてもダメなんです。野菜サラダの中にも少しばかりの肉を入れないとダメで口から自然な食べ物から摂取するのが1番いいでしょう。

鉄分はサプリメント

鉄分は人間にとってとても大事なものです。いくらビタミンC誘導体など補っても外側をいじっても内側を修繕しないと綺麗な肌はできません。

貧血や便秘を治しただけで肌が綺麗になった人もいます。貧血と便秘はお肌の大敵です。肌を綺麗にしたかったらまずは貧血と便秘を治すことなんです。

体内が健康なのが一番なんです。

 

-女性用保健薬

© 2020 美肌美人