美肌美人はベースメイクが作り出す

美肌美人

女性用保健薬

飲む日焼け止めは子供も妊娠中や授乳中のママにも大丈夫?

更新日:

体格にもよりますが平均の身長や体重があれば7歳から飲むことができる日焼け止めです。

プールの授業やグランドでの運動は日焼け止めを塗ることを中止している学校もあります。

妊娠中のママや授乳中のママには体への悪影響が心配ですよね?

でもこの飲む日焼け止めは妊娠中のママに大切な栄養補給として開発されたものなので安心して飲んでもらいたい日焼け止めです。

子供も飲める日焼け止め

1日2錠朝と昼で日焼けから体を守ってくれる。

せっかく日焼け止めを塗ったのに汗で流れちゃったってことがないのが最大の利点です。

小さいころからの積み重ねで日焼けもしやすくなります。

子供にベタベタと日焼け止めクリームを塗るのはできませんよね?

嫌がる子供さんが多いと思います。

そこで飲む日焼け止めなんですが、サプリメントではなくて医薬品です。

子供の運動会に飲む日焼け止め

運動会は炎天下の中ずっと外にいて日焼けするのを覚悟しないとならない。

でもB.glenの姉妹会社から出ている第3類医薬品がでた。

SIMIホワイトは日焼け止めも改善もしてくれる錠剤です。

運動会は日焼けは避けられない場所ですよね!

子供さんも親御さんもみんなで飲める錠剤です。

妊娠中や授乳中のママにも

医薬品は口にするものなので妊婦さんにも心配ですし、授乳中のママも心配になりますよね?

でもSIMIホワイトママに最善な栄養が摂れるようになってます。

だから心配なく是非飲んでほしい錠剤になってます。

どうしても口の中に入れるものなので副作用を心配される人が多いと思います。

しかしこのSIMIホワイトは妊婦さんの栄養補給剤として作れられています。

一日に2回飲めばいいだけです.

授乳中のママに飲む日焼け止め

特に心配なのがお乳を上げるのが心配ですよね。

そんな薬みたいのを飲んでも大人のママには被害がなくても赤ちゃんにはおっぱいを上げるのが不安になるママも多いと思います。

SIMIホワイトはそんな心配をよそにそんなママの為に作られた栄養補給剤なんです。

だからもちろん赤ちゃんに良い物しか配合されていません。

赤ちゃんの為、ママの為なんです。

産後のシミ対策

産後は女性ホルモンのバランスを崩される女性が非常に多いです。

ホルモンバランスの乱れによってシミができたりします。

そんな妊婦さんの為に日焼けをしないように作られた錠剤です。

日焼け止めの効果もあるし、既に日焼けしてしまった人にも改善してくれる医薬品です。

髪の質や爪の改善にも効果があると報告もたくさんあります。

赤ちゃんの世話で時間がない

赤ちゃんの世話で忙しいママにゆっくりと日焼け対策をしている暇はないですよね?

日焼け止めクリームは塗ったにしても赤ちゃんについたりするので塗ることはできません。

でも飲む錠剤なら心配はいりません。

日焼け止めにもなるし栄養補給にも最適なんです。

すでにシミがある人は改善もしてくれるんです。

シミ改善と沈着を改善

医薬品以外はシミができないように予防しかできない。

しかしSIMIホワイトはシミを改善してくれることができる。

予防しかできないサプリと改善する医薬品。

虫に刺されて跡が残ってる人も安心。

SIMIホワイトはかぶれによる色素沈着にも効果があるそうです。

医薬品とサプリメントの違い

L-システインは医薬品に含まれる成分でサプリメントには含められない成分なんです。

サプリメント医薬品
日焼けを予防することしかできない既に日焼けした跡も改善できる
L-システインが含まれないL-システインが含まれる
二日酔いにも良い
髪や爪の質も改善

あくまでサプリメントは日焼けを予防することしかできない。

しかし医薬品は改善までできる。

旦那
赤ちゃんも可愛いし!

君の肌ツヤいいんじゃないー

何か? 元気になったって言うか?

美白になって綺麗になったんじゃなーい

そんなほめたって晩のおかずぐらいしか良くなりませんよー
わたし
旦那
晩酌のおかずのこと期待して言ったわけじゃないよー

なんとなく前より綺麗になった様な印象がしたからさー

わたし

SIMIホワイト効いてるのかしら…

日焼け対策シミ改善の医薬品

SIMIホワイトは第3類医薬品

重要な成分にL-システインが含まれています。

第3類医薬品では最高の240mgが配合されています。

L-システインの効果

強力な抗酸化力がすぐれています。

抗酸化力とは活性酸素をやっつける成分です。

活性酸素で肌が攻撃されるのを守る為にメラニンが分泌されるんです。

ポイント

紫外線を浴びることで大量の活性酸素が発生して肌を攻撃してきます。

その活性酸素の攻撃から肌を守る為にメラニン物質が出てシミを作るんです。

この活性酸素を除去するのが抗酸化なんです。

この抗酸化力が強く備わっているのがL-システインなんです。

子供さんなど若いうちは自ら活性酸素を消去する力が備わっているんです。

でも加齢により活性酸素を消去する力がなくなるんです。

ターンオーバーの促進

L-システインとはアミノ酸の一種で細胞そのものを元気にする役目があります。

20代のころは細胞が生まれ変わるターンオーバーサイクルが28日とされています。

でも30歳40歳と年齢を重ねると40歳なら40日とターンオーバーサイクルが遅くなります。

そのサイクルを早めるのがL-システインのアミノ酸です。

アミノ酸が細胞を元気にして生まれ変わりを早くします。

ターンオーバーとは

新しい細胞が下から順番に出来上がり、古い肌の角質を落としてくれます。

下の新しい細胞と上の古い細胞を下から持ち上げるように入れ替えてくれるもの。

その周期をターンオーバーサイクルと呼んでいます。

加齢によりターンオーバーサイクルが長いから傷の治りも遅いんです。

SIMIホワイトはお酒と飲んでも良い

先ほども書きましたが髪の毛のツヤが良くなった。

爪が丈夫になったなど意外な効果も見られます。

お酒の好きな人は二日酔いにも効果が見られます。

L-システインはお酒を飲むことによって出てくる悪い物質に直接無害化してくれるので二日酔いにも良いとされているし、実際にそのような声も上がっているみたいです。

医薬部外品の美白化粧品と医薬品の違い

医薬部外品の美白化粧品はシミを予防するまでしか出来ない。

しかし医薬品には予防だけではなくシミを改善する成分を含ませることができる。

だから医薬品であるSIMIホワイトはシミを改善させる力があるんです。

予防しきれなかったシミも改善できるのは医薬品だけになるってことです。

塗りむらがある化粧品

どうしても塗る日焼け止め化粧品は塗りむらができてしまう。

手の届かない背中もあるし髪の毛についたりもする。

そもそも赤ちゃんには頬ずり出来ない。

SPF50の日焼け止めでもきちんとつければ効果が期待できるけどきちんとつかるには相当厚塗りになります。

SIMIホワイトの効果

塗りむらができません。

部屋にいるときでも窓から紫外線が入ってきます。

UVガラス以外はどうしても入ってきます。

でも部屋にいて日焼け止めクリームを塗ることはありませんよね?

でも毎日飲むものなら日焼けはしないんです。

飲む錠剤なので敏感肌の人にも関係ないです。

敏感肌でクリームが塗れないって人でも飲む錠剤なら関係ありません。

飲んで塗ってダブル効果

飲むのも良いですが、やはり塗るのもより効果は発揮します。

でも部屋にいても外にいても日焼けから逃れられない。

勿論お子さんや妊婦さんにも良い物です。

SIMIホワイトが美白にしてくれます。

秋と冬は紫外線が少なくなる季節ですがSIMIホワイトはシミを改善してくれるものです。

春までに美白になるってサボっていて年を取るとシミになってしまうんです。

遅くなれば頑固なシミになってしまいます。

ママ以外の女性の飲む日焼け止めサプリ!

飲む日焼け止めの仕組みを知る!飲む日焼け止めのメカニズム

続きを見る

-女性用保健薬

Copyright© 美肌美人 , 2019 All Rights Reserved.